8月 2020

オンライン授業で学べる英会話

近年はビジネスシーンでも英会話が求められることが増えており、英会話を習う会社員が増えています。
ビジネスで利用する英会話は旅行や日常で使用する英会話とは異なるため、ビジネスに特化した英会話を習う必要があります。

場所を選ばず学べるオンライン授業

仕事に追われる会社員の場合、英語力が必要でも英会話教室まで習いに行けない人も多いと思われます。
英会話を習いたいと思っていても時間が作ることができず、あきらめている人も多いのではないでしょうか。
オンライン授業であれば、自分の都合に合わせて英会話を学ぶことが可能なため、忙しい会社員におすすめです。通勤時間や昼の休憩時間など、少しのスキマ時間を利用して英会話を学べます。
オンライン授業を全国に展開しているバンザンでは学生向けの英会話はもちろん、会社員が学べるビジネス英会話講座をオンラインで学ぶことができます。
バンザンではリスニング講座とビジネス英会話講座をビジネスマン向けに用意しており、自分のスキルに合わせて選択することが可能です。

リスニング能力を伸ばせるオンライン授業

リスニング能力を伸ばしたい場合は、バンザンの「スーパーエルマー」講座がおすすめです。
バンザンの提供するスーパーエルマー講座では、英語を語順のまま聴いて理解することを重視しているため、TOEICのスコアアップも望めます。
また、バンザンではオンライン学習サイトを用意しているので、教材とCDを使用したアナログ形式の学習方法と、オンライン学習サイトにアップされたデータで英会話が学べるデジタル形式のいずれでも勉強をすることが可能です。
スマートフォンさえあればいつでも学習ができるため、通勤や休憩時間などを活用して生活に密着したレッスンを受けられます。

同時通訳でリスニング力を強化できる

バンザンのオンライン英会話では独自のトレーニングメソッドが用意されており、繰り返し聴くことで自然とリスニング力を伸ばすことができます。
バンザンの「Hop,Skip&Jump」トレーニングでは、まずネイティブスピーカーの英語音声を意味のまとまりごとに区切っている「HOP」を聴きます。HOPでは区切りごとに同時通訳もついているため、すぐに理解することができます。
その後、SKIPではHOPの同時通訳が消え、無音になっています。最後のJUMPではHOPの無音のポーズ部分が消え、元の英語部分だけを聴きます。
意味のまとまりごとで通訳することで英語の語順を気にせず理解できるようになり、徐々に英語の返り読みから解放されるようになります。

オンライン授業で英会話を始めよう

最近はインターネットの普及のため、日本の中小企業も気軽に世界企業と取引ができるようになりました。
それと併せて、従業員に対する英語力を求められることが増えており、面接の段階からTOEICの高スコアが必須になる場合もあります。

オンラインで英会話を習う人が増えている

以前は海外旅行に行く目的などで英会話を習う人が多く見られましたが、最近ではビジネスのため英会話を習う人が増えています。
仕事で忙しいビジネスマンにとって、わざわざ時間を作って英会話教室に行くことは難しく、英語を習いたくとも習えない環境のため、英会話を習得することをあきらめるビジネスマンも少なくありませんでした。
しかし最近ではインターネットが普及したことにより、英会話も自宅にいながら気楽に学べます。
インターネットを介してオンライン授業を受けることが可能なため、場所を選ばず英語を学ぶことも可能です。

時間のない人におすすめのオンライン英会話

マンツーマンで英会話を習うタイプのオンライン授業もあれば、アップされたデータを活用して好きな時間に英語を勉強できるオンライン英会話もあります。
ただしマンツーマンで英会話を習うには、予約をし時間を空ける必要があるため、忙しいビジネスマンにはあまり不向きといえるかもしれません。
自分の都合に合わせてスキマ時間を利用して学べるオンライン英会話のほうが、英語力を伸ばすには向いているといえるでしょう。

バンザンの採用情報はこちら

おすすめできるオンライン英会話

オンライン英会話を学べるスクールは数多くありますが、その中でもおすすめはバンザンが提供する英語教材です。
バンザンはオンラインLIVE教育事業や訪問型の家庭教師事業を行っている会社で、オンライン家庭教師で定評の高い会社です。
中学や高校、大学などの受験対策として、バンザンのオンライン家庭教師を利用する学生も多いですが、最近ではバンザンのオンライン英会話を利用するビジネスマンも増えているようです。
バンザンではビジネスマン向けにリスニング能力を伸ばすことができる「スーパーエルマー」講座と、スピーキング対策が可能な「スーパー・スピーキング」講座を用意しており、どちらの講座もオンラインを利用して学ぶことができます。
バンザンの英会話講座では、従来の紙ベースのテキストやCDを利用して学ぶことも可能なため、自分の時間に合わせて勉強法を選択することができます。
バンザンのオンライン英会話はアップされたデータをスマートフォンでどこでも聴くことができるので、場所や時間を気にせず自分の都合に合わせて学習をすることが可能です。

オンライン家庭教師の指導の流れ

家庭教師を訪問型でなく、オンラインとした場合、その指導の流れはどのような違いが出てくるのでしょうか。今後増加することが考えるオンライン家庭教師について考えてみましょう。

従来の家庭教師

家庭教師の指導においては、マンツーマンスタイルとなるため、個々の能力や性格に合わせた指導となります。塾などとは異なり、複数人で共通のことをすることはありません。同じ内容であったとしても、個人個人で指導の仕方は異なります。
基本としては、分からなかったところの復習をし、次の授業のための予習を行います。方法に違いはありませんが、教師、生徒の個人個人でその内容に違いが出てきます。
また、個人に合わせて長所を伸ばす、短所をなくすといった指導の仕方も異なってくることになります。一番重要なのが本人にやる気を出させるということです。自ら調べたりする子であれば、家庭教師はそもそも必要ありませんよね。

オンラインでの違い

家庭教師がオンラインとなったことで、どこが変わってくるのでしょうか。基本的に指導に関してそれほど違いは見られません。
家庭教師といってもバンザンの場合は、私大など特定の学校への合格を目指した指導となるため、一般的な塾や家庭教師の指導とは若干違いがみられます。
まず、オンラインで面談を行い、生徒の学力や性格の判断を行います。その結果をもって、教師を決め、指導内容を考えます。後は、スケジュールに沿って指導を行います。また、定期的に学力を見ながらスケジュールの見直しを行い、試験の当日までに必要とされる学力が身につくように指導を行います。
また、バンザンでは、教師と生徒の相性も大切に考えており、相性がよくないようであれば、教師の変更も行ってくれるようです。

創業よりの実績

株式会社バンザンは1995年に家庭教師の派遣を行う会社として創業し、現在はオンラインでの指導も行っています。バンザンが家庭教師をオンライン化したのは、2017年のことですから、つい最近のことです。バンザンの創業時はまだ現在のようにインターネットとパソコンが一般に普及し始める少し前ですし、回線も速度不足で現在のような通信は難しかったのでしょう。
バンザンのオンライン家庭教師サービスは、提供されてまだ数年。しかし家庭教師の派遣実績が20年以上あるため、家庭教師に関してはノウハウもしっかりとあるようです。
実際にバンザンのオンライン指導は、利用者の声も反応が良く、これからの家庭教師サービスはオンラインが中心となっていくのかもしれません。
これは、インターネット回線の高速化、カメラやマイク、パソコンの高性能化といったことも要因となるため、今後は従来の家庭教師ではできないオンラインならではの指導も行われるようになるのかもしれません。

自分のレベルに合わせて選べるオンライン授業

高校受験や大学受験のために塾や予備校に通う学生は多いですが、部活や学校の授業が終わったあとに塾まで移動しなくてはならないため、時間を有効活用したいと思う学生も少なくありません。
家庭教師を依頼すればまっすぐ自宅に帰り、すぐに勉強を始められますが、費用面で難しい場合もあります。

時間を有効活用できるオンライン授業

家庭教師やオンライン事業を提供しているバンザンでは、学生向けのオンライン家庭教師サービスを行っており、忙しい学生の時間を有効に活用することが可能です。
バンザンのオンライン家庭教師は通常の対面型の家庭教師サービスより割安に学ぶことも可能なため、費用を抑えながら勉強することもできます。インターネットを利用して授業を学べるため、対面で学ぶのと遜色ない指導を受けられます。

オンライン授業で大切なこと

オンライン家庭教師というと、ただ対面で生徒と家庭教師が会話をするだけのように思えますが、バンザンの提供するオンライン家庭教師サービスでは生徒の顔だけでなく手元を同時に見ながら指導するため、対面型の授業とほとんど変わりなく指導をすることができます。
家庭教師が授業中に一番気を付けている点は生徒の表情と手元。解いている手元を見ることでどの程度理解できているのか、どこでつまずいているのか把握できます。
そのため、バンザンのオンライン授業ではWebカメラを手元にも設置しており、効果的な指導が可能。バンザンの専用システムを利用し、ヘッドセットを使って集中して授業を学ぶことができます。

地域格差がなくなるオンライン授業

優秀な家庭教師ほど都心部に集中する傾向が高いため、地方の学生は高レベルの教育を受けられないとされていました。
地方では近くに塾や予備校そのものがなかったり、自宅から遠く離れた塾に通わなくてはならなかったりとデメリットも多く、地方の学生は大きなハンデを背負っています。
しかし、オンライン授業を活用すれば地方の学生でも首都圏のハイレベルな指導を受けることができるため、地域ごとによる教育格差をなくすことができます。
バンザンのオンライン家庭教師は日本でもトップクラスの家庭教師が在籍しており、以前では受けることができなかったプロの家庭教師の授業を、インターネットを介してマンツーマンで学べます。
また、オンライン授業のサービスは授業ごとに担当の家庭教師が変わるケースも多いですが、バンザンでは同じ家庭教師の指導を受けることが可能なため、生徒の学習状況や性格などを踏まえて効率的な指導を行えます。

テレワークが実現できるオンライン家庭教師

近年、新型コロナの影響もありテレワークが推奨されています。多くの企業が環境を整え、テレワークを実施するようになってきました。そのタイミングで、オンライン家庭教師のサービス導入を考えてみるのはどうでしょうか。

家庭教師のオンライン

家庭教師と言えば、基本的に、家庭に訪問し生徒を指導する教師のことを指します。しかし昨今では、一般家庭にネットが浸透し、家庭教師のサービス提供にオンラインを取り入れる企業も増えてきました。代表的なのが株式会社バンザンです。
バンザンは家庭教師の派遣を行う企業として創業しており、現在はオンラインでの指導を行っています。テレワークが推奨されるかなり以前からオンラインの家庭教師を行っており、実績も豊富です。
オンラインの家庭教師は、少し大きなモニターを使用したテレビ電話のようなものです。カメラの性能などにもよりますが、指導するうえで特に問題はなさそうです。

オンラインによるメリット

バンザンのように家庭教師をオンライン化するにあたって、教師、生徒それぞれにメリットがあります。
まず、教師のメリットですが、本来であれば家庭を訪問する必要がありますが、その移動が必要なくなります。もちろん、職場ではなく、自宅から指導を行うことも可能です。実際にバンザンでは福岡在住の講師が北海道の生徒の指導を行うといった例もあるようです。
生徒としてはオンラインでも訪問型でも違いはありませんが、対面型と違い、オンラインだと普段着でも問題なく、リラックスしやすいというメリットがあります。
また、生徒がどこに住んでいたとしても同じクオリティの指導が受けられるという点もいいですよね。
また、対面しないことにより、コロナ感染の予防にもつながります。これは、最近の状況を考えれば、お互いにメリットがあるということが言えそうです。

家庭教師以外のオンライン

バンザンのオンライン指導は、マンツーマンスタイルだけでなく、グループ単位やクラス単位のものもあります。
ただし、バンザンの指導は私学に特化したものとなるため、塾のような学校の授業に関する予習や復習といったものだけではなく、あくまでも志望校に合わせた指導となります。個人の能力や性格に合わせた指導を求めるなら、マンツーマンの家庭教師のほうがよさそうです。
バンザンのオンライン事業は2017年から始まったものですが、創業以来、家庭教師の派遣を行っているという実績があります。その実績とノウハウの詰まった事業は、訪問型と比べても遜色のないものとなっているようです。